雑記プール前奏Chocofac@wiki
銀雨のプールネタをメインにその他の事も徒然と。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.28 Mon
■プリプレイ-切れるカードと限られたパイ-■
日曜日についに幸運度が豪運まで回復しました。
そんなわけでやっと幸運度ロールを他のキャラと同じ条件で回せるようになりまして
いつも通りの戦いができるようになりました。ここからが転職後の真価を発揮できそうです。

駄菓子菓子、今回のMAPは変形くびれ型、相変わらず戦闘域の狭いMAPなのであまりアビを搭載できません。
今回はCP少なめなんで白燐奏甲無しのヒュプノのみで回そうと思ったのですが、
週末銀雨やってる知り合いとその話をした結果、無銘*4でもいいから白燐は搭載した方がいいという結論に。
というわけで今回はヒュプノ奥義*12(180)と白燐奏甲*4(51)の搭載というかんじで。

■リザルト-白燐は回復アビに非ず-■
予選1~3はレベルや人数差がありすぎだったのでとりあえず割愛しつつ、
予選4対フォークロア研究会戦なんですが、なんつーか自分動きすぎ。
ヒュプノは移動後の使用ができないので、こんなことされると非常に無駄なんです。
何やりたいのか知りませんがこれだけは勘弁してほしいなぁ。勝てたからいいものを。
そして予選6対騒霊調査団 ―P.I.G―戦。またまた相手はIni72。
ここまでくるとレベル差がそんなにないのでD20一つ分の差はきついわけですよ。
その上みんなヒュプノゲーなんでもうどうしようもないという感じですわ。というわけでここで敗退。
でも転職後2週目で予選突破に手がかかるのは非常にでかいと思います、はい。

■雑感-アビリティ分類-■
戦いというものは低き場所にいるならばより高きへ、同じ場所にいてもより一歩でも前へというのが定石で
同じラインにたってやっとダイス運頼みとなるわけなんですが、上昇の余地を何とか見出すことも重要になる訳で。
能力値や武器防具のHPCP攻撃力は一定公式で決まる訳ですね。
あとは武器に付属するIniとなるんですが、これは完全に武器依存、しいては職依存になってしまうのです。
これはどうしようもない差になってしまうので、何とか他の要素で凌駕していくしかないんだなぁってのが
率直なところであります。

それでも今回は上述の一戦以外はうまくアビリティが回ったと思います。
移動後の白燐奏甲と移動無しのヒュプノヴォイス。1,2ターンで場所固定するまでに白燐入れて
その後ヒュプノをガンガン入れるような立ち回りになれば自分のキャラとしてはひとまず及第点かなと。
回復はイレギュラーな要素なんで、それはまあ適宜にお願いしたい。


あとちょっと今回はもう少し系統別にアビについて書いておこうと思います。
現状使用可能なアビリティとしては大まかに分けると4つの系統があります。
・通常攻撃にプラスしてダメージとJC成功率の上昇させる攻撃アビ
・眠りマヒブレイク等、相手に状態異常を付与する妨害アビ
・自分や味方のHPを回復する回復アビ
・自分や味方の攻撃力を底上げする支援アビ
とまあこんな感じに分かれて、場合によってこれが複合するという感じになると思います。
ひとまずこれらをアビ別に図にしてみました。ちなみに「吹き飛ばし」も妨害に入れてあるのであしからず。
アビ分類図1
AIの優先順位としては、これはあくまで仮定ですが

 支援>攻撃=妨害

となり、ダメージが多い時に回復が優先されるような形になっているのではないかと思います。
支援アビはすべからく回復アビも兼ねているので第1ターンの回復無駄撃ちの原因にもなります。
つまり、白燐奏甲とヒュプノヴォイスを持っていくと支援と妨害になるので白燐奏甲が優先されます。
回復アビとして使用したときの気術神攻アップ効果は非常にありがたいですが、
開始直後の支援アビとしての回復効果は非常に余計です。
それなら回復効果いらねーからCP安くしてくれよとか思わなくもないですが、
眠りとブレイクが不可分というどうでもいいところに無駄なこだわりを持っている運営会社のことなんで
多分実現はしないでしょう。
まあこれは妥協しつつアビを組んでいくしかないですね。


いつものようにランキングは追記に
続きを読む ≫
スポンサーサイト
2007.05.21 Mon
■プリプレイ-そして時は動き出す-■
今回の黙示録は大々的な実験を行うことになりました。
今までは現状の手持ちのアビで何とか試行錯誤しておりましたが、今回はちょっと変わってきます。

まず後衛のバイトを白燐蟲使い→ヘリオンへ変更し、それで消えた白燐奏甲の穴を
ボクが魔弾術士→白燐蟲使いで埋めるという案。
これで後衛に高ATK遠距離攻撃と後衛キャラ両方に回復アビ搭載。
うまく回れば攻撃回数が増えますのでいい感じになるのですが、はてさて……。

あ、ちなみに併せて桂の武器防具新調しました。
まずインカム【A Poem of Bragi】とバイト制服【Assumptio】の二つ。
インカムはブラギの詩、制服はアスムプティオってどっちもROのスキル名ですね。
どう見てもRO厨です、本当にありがとうございました。

■リザルト-ジョブチェン直後ってさ……-■
ジョブチェンジ直後って、結局幸運度が消えてるわけですよ。
そりゃ黙示録までにある程度回復はしてますが、それでもまだまだ足らない訳で。
状態異常が入れば中々治んないし、そうしてる間に攻撃食らってワンサイドゲームになるという
まあ、目も当てられない状況になるわけですよ。しかも今回は対戦相手にも恵まれず……。
予選2対幻桜の灰戦。このチーム、ナイフ二刀流がいましてイニシアチブが70になっているという
トンデモないチームだったりするわけです。そら勝てんわー。
というわけで今週はまさかの2回戦敗退。実は黙示録初参戦以来の記録だったりします。

■雑感--■
何と申しますかAIをもうちょっと何とかしてほしいですね。
白燐奏甲優先のAIでヒュプノ使おうかって時期には既に回復モードになっているという有様。
つか自分に白燐奏甲なんてこの上なく無駄なんですが……orz
アビ対象をある程度指定できるようになればいいのになぁ。せめて自分にはかけないように。
もしくはアビ使用優先度を設定できるようにしてほしいですね。というTOMな要望はさておき。

まあ、今回はジョブチェンジ後の幸運度が低い状態での戦いでしたので、なんともいえないです。
この状況が続くなら方向修正が必要かもしれませんが、しばらくはこれで様子を見てみることにいたしましょう。
何と申しますか弱ってるところをフルボッコにされたというのが正直なところです。


いつものように蛇足は追記に。
続きを読む ≫
2007.05.15 Tue
■プリプレイ-MAPの違和感-■
学園黙示録は毎週指定されたMAPで戦いをするものでありますが、
発表後なんとなーくMAPを見てたら妙な違和感を感じるわけですよ。
んでもって過去の同じ形のMAPを見てみて、戦績も確認してみたわけですよ。
そしたら見事に予想通りだったわけでして。

ちなみに今回のMAPはこれ。
くびれ型
以下にもいくつかMAPが出るので先に注釈しておきますと、MAP上の青と赤のタイルはそれぞれの登場位置です。

既についてますが斜線域ですね、これは各メンバーが第1ターンで移動して攻撃を始める位置、
つまり試合中メインの戦場となる位置です。

毎回金曜日に次回黙示録が発表され、作戦とともにMAPも出てくるということは……
これには何か意味があるんじゃないだろうか、そう考えてしかるべきです。
持て得る限りのCPとヒュプノ奥義を搭載するのか、最低限のヒュプノとHP偏重にすべきなのか。
ヒュプノゲーと呼ばれている黙示録にもこの違いだけでも活路を見出せるのかもしれない。
そして今回はこれに賭けてみました。


このMAPにおける重要な視点は「主戦場の狭さ」にあります。
自軍初期位置の前にそびえ立つ壁を越え範囲攻撃を入れることが出来る位置は、
敵軍前衛が数歩歩いて直接殴ることが出来る位置にあります。
MAPが広ければ自軍後衛-主戦場-敵軍後衛と最大40m/20マスの開きがありますが
このMAPは最大でも数マスしかありません。
ということは採るべき戦略はHP偏重、最低限のアビと最大限のHPでガチンコの殴り合いと相成るわけです。

■リザルト-再び起きる奇跡-■
結果から申せはこの戦略は功を奏したようです。
極論を言えば、高HPかつ高CPのキャラであればそれでいいんです。
ただ、現状ではそんなこと出来ないので、じゃあどうするかという状況から来る戦略の選択でしかありません
よって高Lvの人には参考にすらなりませんが、低Lvでどれだけしぶとく生きるかということは至上命題なわけです。

さて、そんな状況で今回も奇跡が起こります。何と!2週連続Best16進出でありますよ奥様。
またもや驚愕。な、なんだってー( ゚Д゚)

しかしながら先週と同様にBest8決定戦で敗北。
まあつまるところ上記のような事を考える必要のない人々には敵わないということなんでしょうな。
しょんぼり

■雑感-MAPは色々あるけれど-■
そんなわけで今週の教訓としましては「MAPによるパワーバランス」でしょうな。
もっとも最初の頃はとりあえず装備して、持てるアビを搭載するのがやっとなのでそこまで余裕ないですが
そこを抜けたあたりでそういうことを頭の片隅に入れると何となく勝てるようになるかもしれません。
追記にここ数回のMAPも簡単に書いておきますので参考になればと思います。
後併せていつもの蛇足も。
続きを読む ≫
2007.05.12 Sat
何か何となく思いつきまして、ゴーストタウン開けてみました。
これで自力詠唱銀調達が出来るよ。
気が向いたら武器とか作ってみようかなと思う今日この頃。
……何か彼らの陰謀に見事にはまってるんじゃないだろうか。

とりあえず地の利が得られそうな公団住宅ヨンロク号を開けたんだけど……。
今日知った衝撃の新事実。
自分さっきまでヨンロク号をヨロシク号だと思ってたー!!
違ったのかー( ゚Д゚)

まったく驚きだよ。
2007.05.08 Tue
■プリプレイ-万策尽きた-■
前回BCが比較的うまく回って2連勝できてたりしまして。
その時の搭載アビがヒュプノ奥義*12のみという超軽量化アビだったりしたんですわ。
そんなこともありつつ、先輩とあーでもないこーでもないと。
結論から言えばヒュプノ役は他に回復メインがいるならヒュプノ以外いらないんじゃねって感じ。
じゃーまあここでいっちょ開き直ってみますかという作戦。
でもまあBCと違って多少多めにヒュプノ奥義搭載してみたり。
まあそんな感じ。はてさてどうなることやら。

というか先週はいろんなとこ出かけすぎでまともに考察する時間が無かったとも言う。

■リザルト-けれども奇跡は起こる-■
ところがこんな時に限って奇跡は起こるものであります。
往々として運命の女神は気まぐれなわけですよ。

ここで戻ってきたリザルトが「Best8進出」。な、なんだってー( ゚Д゚)
予選は前回の連携規制をちょっと解除した構成で前衛1と後衛1の二人の連携が切れてて
残りの3人は全員連携するようにさせたような状態になってたんですよ。まあ偶然です。
Iniは自分が46まで引き上げてたんで自分からつながる時は最大4連携、
次点前衛1からの連携は前衛2との連携になってるので最大2連携。
ここもつながらない場合は前衛二人のコンビ攻撃。図解するとこんな感じ。
 
 ・後衛2(自分)から4連携
  -後衛1と前衛2との2連携、その後前衛1の個別攻撃
   -前衛1と前衛2の2連携攻撃
    -各自個別攻撃
 
といった感じでチャートが出来上がります。
きっちりはまると妨害→支援→攻撃→攻撃となるので意外と強力です。
今回の奇跡はヒュプノ持ちチームに当たらなかったもしくは相手にヒュプノ持ちがいても先撃ちヒュプノで完封
という目算で問題なかったと思います。奇跡もここまで積み重なると笑いが止まりません。

■雑感-つまる所足りないもの-■
んでこの奇跡の量ならこのままいけると踏んだんですな。鵬翼に乗り黄海を渡る昇山者のごとく。
ところがどっこいやはり壁は厚かったんですな。
つまり相手も同じ戦法だったというか何と言いますか……。
寮つき手芸部戦。
現状Iniで先手が取れない上に当然のごとく先撃ちヒュプノが飛んできます。
んでこっちがヒュプノ奥義で対抗しても……当たらないorz
妨害し切れなければ向こうのMAXが叩き込まれるわけで、当然ジリ貧。もうだめぽ。
そんなわけで足掻きつつも各個撃破で終了。どうみても手詰まりです。

ヒュプノが通らないのは当然神秘値がたらないからです。
自分のキャラはそれでも神秘偏重なんですが能力値の係数となるレベルがおそらく足りません。
今回のBest16におけるチームレベル平均が96.3なので大体モーラット一匹分くらいかと。
それくらいだと大体D201個分くらいの差になります。
まあ更に言えばバイトをヘリオンとか巫女とかにすればそれこそ段違いに神秘あがりますが……。
そこまでするか?というお話になってしまいますね。まあ無いものねだりです。
この差はどうしようもないだけに悔しいなぁというお話でした。

あ、蛇足は追記に隠しますよ。
続きを読む ≫
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。