雑記プール前奏Chocofac@wiki
銀雨のプールネタをメインにその他の事も徒然と。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.30 Mon
■プリプレイ-一世一代の大勝負-■
さて、ここしばらく個人的実験を繰り返し色々試行錯誤してましたが、
今回はチーム全体に影響する実験を行おうとひとつの作戦を提案。

銀雨のシステム、特にゴーストタウン&黙示録に関しては、キャラ間の感情により行動時におきまして
コンビネーションが発生し、同時に行動を起こすことができるようになります。
これにより低イニシアチブのキャラクターでもイニチアチブの高いキャラと同時に行動が出来るようになるわけです。
んで、今までのリザルトを何度か見てて長所と短所があることに気づいたんですね。
長所に関しては上で述べているので言うまでもないのです。これに尽きます。
味方の回復アビと自己回復アビにより、回復量の底上げとかHPの高いキャラへの一転突破ダメージ等々。
短所としましてはコンビネーションにより攻撃が1回の扱いになってしまうということ。
戦闘中にHP以上のダメージが入るとただ死亡とならず幸運度でロールを行います。
このロールに成功すると「肉体が魂を凌駕した」扱いとなりHPがLv分回復して死亡しません。
通常状態の場合コンビネーションによる恩恵はでかいです。
大HPの相手を一気に削り落とせるのですが終盤瀕死になると様子が変わります。
いくら大ダメージを与えようと魂が凌駕することにより100以上のダメージでも踏ん張ってしまうのです。

それならばということで逆の考え方。
意図的にコンビネーションを操ることにより終盤での凌駕ロールの回数を増やしてやれば死亡率があがるのではないか
ということです。

ウチのチームは前衛後衛の役割が別れているので、
「高攻撃力低イニシアチブの前衛」と「高イニシアチブ妨害専門の後衛」を組み合わせることにより
中々いい感じの効果が得られないものだろうかという目論見な訳ですよ。
はてさてどうなることやら。
ああ、自分のアビはあまり考えずヒュプノ奥義*12と無銘ブラヴォ*4です。

■リザルト-風見鶏は何処吹く風に-■
今回は背後が外出してた為結果は背後友人宅で見ました。
んでさっき(21時)帰ってきましてJavaリプレイ見たんですが……。
前回までだと結構コンビネーション発動してたと思ったんですが思ったほど発動してないですねぇ。
それでも予選1対月夜見の奏鳴館戦の時はきちんと期待通りの効果を出して終了させてますね。
予選2対古寮【しろもち】戦も一応コンビネーションは発動してるみたい。
もっとも相手の回避が良すぎてあたらねーな状態ですが。
この2回の戦いはBC対策なんでしょうか、人数が少なく設定されてますね。
黙示録の戦法とBCの戦法はかなり変わってくるのでこの辺はAIが暴走しない限り取れる戦いかなと。
予選3対団子屋【恋蓮】戦では4人コンボ対2人コンボの資料になりうるんじゃないでしょうかね。
結論から言ってしまえば2人コンボは4人コンボには勝てません。味方への支援効果も攻撃威力も。
しかしながら重要なのは小回りです。細かい攻撃をねちねちと……入れられるといいんですが。
最後はお互いアビ使い尽くしてノーガード殴り合いになってますね(´・ω・`)
予選4対飼育部戦で前衛が落とされそのまま雪崩れ込まれて終了であります。

■雑感-つまるところ-■
今回の実験におきまして、ひとつの重要な問題が洗い出された気がします。それは神秘装備の重要性です。
前衛職は一撃の火力を挙げるために肉弾戦――気魄に特化しがちです。
気魄に特化すると必然的に神秘がおろそかになります。
そうなるとヒュプノが入りやすくなり、ブレイク効果もさることながらそれ以上に本来の能力である睡眠が恐怖になります。
睡眠状態だと本来起こるべきコンビネーションは絶対に発生しません。
よって他の要素をいくつか加えてコンビネーション分離で効果を出すための条件としては

 ・能力がフラット設定
  -特化型なら神秘防具必須、フラットでも神秘装備がBetter
  -能力も特化防具も難しいなら運気は豪運(12)で
 ・高攻撃力を一撃で出せる詠唱兵器、アビがある
  -そのためにはイニシアチブを犠牲にしてもかまわない
 ・高イニシアチブの相方と組む
  -相方は妨害等攻撃力に左右されない、もしくは高い数値で効果を出せる回復支援

この条件を満たした上で実行すると効果を得られると思います。

個人的な話をすると、ブラヴォいらねぇ。全体攻撃にするなら光の十字架でも欲しいところですね。


そしていつもの蛇足。
中学生男子ランキング前回1位に返り咲きましたが、今回は予選4で敗退したため21+4=25pt。
3位の人が予選6で敗退したので20+6=26ptとなりBCでpt入らないとまた入れ替わります。
BCを3勝してトップタイ。実は今回のBCは負けられないのかもしれませんが多分無理じゃないかねぇ。
スポンサーサイト
2007.04.23 Mon
■プリプレイ-限定された手数増加-■
ここしばらく実験と称した試行錯誤をしている今日この頃でありますが、今回も懲りずに実験君です。
チームメイトの皆さんごめんなさい(;´Д`)人
今回のテーマは「後方支援」。
元々そうなんじゃないかという声も聞こえてきそうですが、まあそれはそれ。
具体的に挙げると……。
1.HP支援
2.火力支援 ということです。
今回はちょっとヒュプノ減らし気味にして、色々スキルとか入れてみました。
まず、久々に全体支援ヒーリングヴォイス*8(CP76)を復活。
この雀の涙が何処まで作用するかわかりませんが、実験的意味合いもかねて。
あと前回ギターマシンガンで涙を飲んだ射撃武器、先週の炎の魔弾からCP節約もかねて
さらに前回の反省も含めて気魄依存の射撃武器から神秘依存の射撃武器へ変更。
インカム+魔道書→Lv17念動剣+インカム+ギターへ変更。レベル上がったんでギターも追加。
前回黙示録である程度CP確保しつつHPの多めな防具も手に入れたのでそれを使用。
CP1足らないけど、HPには替えられない。スキルをちょっと弱体化。
ヒュプノは改*12(CP120)に無銘*8(CP45)に変更。

■リザルト-AI変わった?-■
個人的に感触として↑のような印象をボクは受けました。
射撃武器の攻撃を何度かしてもその後きちんとスキル使ってるし、別に対象も行動も固定される様子もなく。
さすがに2ch銀雨本スレであそこまで叩かれたGTAIですので手直し入ったのかな。
以前より行動が固定化されず臨機応変に対応してる印象を受けました。
予選1でもこっち側後衛ラインまで切り込んで自分に攻撃してきたキャラが他の味方に攻撃してましたし。
これで射撃武器を持つことに躊躇される要素はなくなりましたね。いい傾向です。
ただ今回は、戦闘の傾向が大火力で一気に叩き伏せて倒す結果が多かったので、
ちくりと止めを刺すという場面がそれほど多くなかった様子。ぎゃふん。
 
今回も予選5、前衛の一角が崩れたあたりから一気に崩壊という感じで敗退。
まあこれは前回も言ってますが、仕方ないです。立ち位置に関しては完全にAI=運頼み。
事故といっても過言ではありません。
 
あと、神秘対策は全体的にしてる人多いなという印象。
無銘ヒュプノとか射撃があまり通りませんなぁ。しょんぼり。

■雑感-The器用貧乏-■
はてさて、もうすでに何となくわかりやすいですが反省点。
出来る手数が多い分欲しい行動が来てくれないという一番致命的なミス。
正直ここまで空回りするとは……。
「妨害」「回復」「射撃」他に移動などを含めると1ターンに出来る行動のパターンが多すぎる印象を受けました。
移動とか様子を見るとかはもう仕方ないんで、ここは使えるスキル数はある程度減らしたほうがいいのかも。
ヒュプノはもうほぼ必須なんで妨害-回復とか妨害-射撃とか。
これもまた前回までと矛盾した意見かもしれませんがねw
 
さて、今回も蛇足ですが、プールランキング中学男子の部。
一度頂点に上ってしまうとその陥落は色々感じるものがあります。
しかしながら今回は中学男子の黙示録参加チームは軒並み予選前半で倒れているようで
現在の16ptに5pt増えて21ptになるんですが20位圏内では今のところTOP返り咲き予定。
これ以下のキャラは優勝の22ptもらわないとこれ以上にはならないのでたぶん安泰。
予選突破常連の†・・・箱庭天使・・・†はメインチームが全員小学生、
優勝経験チームの銀誓館学園・野球部BLUE新聞部には中学男子がいないということと
騒霊調査団 ―P.I.G―TRPG同好会等の強豪チームのまさかの予選敗退。
まあつまるところ中学男子で黙示録参加者が少ないのか中学男子自体が少ないのかわかりませんが。
そろそろ予選突破しないと結社ランキングも落ちてくるなぁ、と。
自分も予選突破を狙いたいというのは激しく同感なのであります。
2007.04.16 Mon
■プリプレイ-次なる実験-■
前回ある程度魔弾の射手に手ごたえをつかんだのでちょっと実験もかねて更にワンステップ。
この際だから一般の魔弾術士になってしまおうという目論見でございます。
というわけで今回はちょっとヒュプノは奥義*12だけにしまして、魔弾の射手*8と炎の魔弾*4搭載であります。
CPの関係上ちょっとHPも犠牲にしつつ、民族衣装→巫女服へ。
術式特化楽器もそう多くないので、装備武器も魔道書へ変更。
はてさてどうなることやら……。

■リザルト-リバース桂降臨-■
結論から申しますとこの実験は概ね成功。使用回数を絞った兼ね合いもあり、
ヒュプノメインで時々射手で術攻上げつつ、炎の魔弾で瀕死の相手に止めを刺すという理想的なコンボ構築。
懸念されたAI問題も前回のような無制限射撃武器ではなく、回数制限のあるスキルにしたことにより
回数消費後はヒュプノにきっちり移行していたので一安心。
前衛陣がごりごり削ったところに炎の魔弾が決まったらもう脳汁でまくりですよ。

こうして妨害オンリーの睡眠砲台が時々牙をむくようになりました。

■雑感-青春生き残りゲーム-■
ひとまずある程度ヒュプノ搭載しておけば、予選5くらいまではいけそうな手ごたえがある今日この頃で。
PT構成として前衛と後衛を完全に分けた構成なので、瞬間的な攻撃力はある程度行ける感じではないでしょうか。
しかしながらそのバランスが崩れると一気に総崩れという負けコンボもある程度見えてきましたな。
今回前回とまず前衛の一角が崩れた後にそのまま崩壊するという流れになっている感じですね。
さすがに装備固めてもボコられたら一気に畳み込まれるんで、更なる支援が必要なのではないでしょうか
現状で味方への支援は白燐装甲のみなんで、何かその辺めがけてバイト変更もありかなと。
でもまあ転職は運の低下があるんで非常に悩ましいところでありますな。

蛇足ですが、中学男子の部1位は同率1位の人のチームが予選6で敗退している(つまり自分らより1pt多くなる)為
2位以下になることが確定しております。The三日天下というわけです。ぎゃふん。
2007.04.09 Mon
■プリプレイ-新しい切り口-■
ヒュプノ成功率は武器による神秘攻撃力ではなく能力値依存と判明。
まあただ知らなかっただけなんですが……。

というわけで特に攻撃するわけでもないので高神秘武器の必要性が消えた訳で。
ああ、キーボードが流行らない理由はこういうことなんですね。キーボードオワタ\(^o^)/
というわけでキーボードLv16→ギターマシンガンLv17へ変更。
んで何をするかというと、自己回復スキル搭載。魔弾術士スキル「魔弾の射手」。実験なので無銘*4(CP18)。
ヒュプノ奥義*8(CP135)とヒュプノ改*8(CP90)を搭載し、現状で必要CP件MHP確保の為民族衣装Lv17。
魔弾の射手は蓮崎先輩の入れ知恵であります。はてさてどうなることやら……。

■リザルト-思わぬ誤算-■
事件は起きた、予選4。予選3まではヒュプノで睡眠と各種上昇スキル封じがうまく作用していた……はず。
だがしかし、ここで装備したギターマシンガンによりスキルが作用しなくなりまして。
桂が後衛で突然射撃をしてるんですけど(;゚Д゚)
銀雨GTのAIは一度通常攻撃もしくは単体攻撃を始めるとそれ以外の行動を取らなくなる特性があるらしく、
この壊れロジックに見事にはまってしまった模様です。
ヒュプノ奥義を6回使用した時点でスキル使用を一切やめてしまった。
射撃スキルは持っているものの元々このキャラは神秘重視で作成されている為気魄能力値は非常に低いのです。
よって攻撃は絶対に当たらない……それこそJustAttackかCriticalがこなければ絶望的。
これは大いに反省の必要がありますなぁ。
辛くも勝利を収めることができたのは強いチームメイトのおかげに他なりません。
もっともその次の予選5は本気スキルのぶつかり合いで負けてしまったんですがね。

■雑感-今後の展望希望-■
ここ数回の黙示録でヒュプノの重要性が再確認されている気がします。
桂のレベルが低くて何もできなかった頃はさておき、ある程度スキルが通るようになってからは
それを非常に強く感じるようになったわけでありまして。
ぶっちゃけヒュプノを使うだけならレベル低くてもいいんです。奥義にすれば多少は成功率上がりますし。
でも最後まで継続的にヒュプノを供給する為にはHPが欲しい回復スキルが欲しいとキリがないわけで。

そういえば今日のBest8の三船先輩は自分の中ではかなり理想的な立ち回りでしたねぇ。
とりあえずやはりLv20は欲しいなぁと思った今日この頃でした。
それくらいになれば無銘ヒュプノに戻してスキル増やせるんですがね。
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。